中堅 私立中学でもいいんじゃね?

子育ての悩みを本で解決!教育本と子育て本の書評、中学生・高校生にお勧めの本を紹介してます。長女が通う私立中学の魅力も発信。娘たちの幸せ追求ブログ

スマイルゼミの算数は簡単すぎる?について中学受験経験者が回答してみる

小学生の授業。算数が段々難しくなり、得意と苦手がはっきり分かれてくるのが大体小学3年くらいからではないでしょうか?

 

  • 子どもが算数の授業についていけていない
  • 算数でよい家庭学習の方法がないか?

そんな悩みをお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか?

 

我が家は次女が、スマイルゼミで学習習慣を身に付けています。スマイルゼミは教科書準拠ですので、勉強が苦手な子や、学習習慣がまだ身に付いていない子については、文句なしでおすすめです。

 

↓スマイルゼミはこんな子におすすめです。

小学3年生の通信教育ならスマイルゼミ一択!我が子をペルソナに解説してみた - 中堅 私立中学でもいいんじゃね?

↓スマイルゼミを始める前に解いておきたいスマイルゼミの誤解

スマイルゼミは最悪などではない!厳しく評価してきた僕だからこそ書けるスマイルゼミの誤解 - 中堅 私立中学でもいいんじゃね?

 

そこで今回は、スマイルゼミで算数を勉強している次女の体験談をもとに

  • スマイルゼミの算数で実力はつくのか?
  • スマイルゼミの算数は簡単すぎるのではないか?

などの疑問に答えてみたいと思います。

 

小学3年で急に算数が難しくなる

改めまして、次女は小学3年です。小学3年のお子さんをお持ちの方ならわかると思いますが、小1,小2というのは、科目としては国語と算数しかなく、まぁ簡単。ですが、小3になれば、算数の単元はぐっと難しくなってきます。

  • 単位の問題(リットルやデシリットル)
  • 分数や小数
  • 円の問題
  • □(四角)を使った問題
  • あまりの数

四則演算だけじゃなくて、四則演算を使って、上記のような問題を解けるようにならなければいけない。

 

出来る子はできるが、出来ない子はまるでできない。算数が苦手という子が一定数出てくるのが、小学3年生だと思います。

スマイルゼミの算数は本当に簡単すぎる?

算数が苦手で、じょじょにステップアップしたい子なら、文句なしにおすすめなのがスマイルゼミです。

 

ですが、

 

「できたら勉強が得意になってほしい」

「中学受験もできたらいいな」

と欲深い親御さんたち!(はい、私です)スマイルゼミは、簡単すぎるという口コミを書いてあるサイトを見てしまうと、本当にスマイルゼミでよいのか、悩みますね。

 

「簡単すぎるなら、あまり学習効果がないのでは?」

「簡単すぎるなら、Z会にしてみようか?」

などと考えてしまうかもしれません。

 

確かにスマイルゼミは教科書準拠であるので、問題はそこまで難しくありません。それは事実です。

 

f:id:kurochan_papa:20211107092559j:plain

↑これは割り算の応用問題ですね。これだと簡単すぎますね。

 

ですが、スマイルゼミ経験者の僕が断言します。スマイルゼミは基礎学力を身につけるには最適な教材です。

 

そしてスマイルゼミは、ここは押さえておきたいポイントだという問題をしつこく出してくれる!のがよいのです。しかも、決して簡単すぎるわけでもないんですよ。

 

スマイルゼミ 算数の良問 例

実際にスマイルゼミの良問を例に出して説明してみます。

まず円の問題です。

 

円で重要なところって何だと思いますか?まぁ色々あると思いますが、僕が大事だと思っているのは、

 

円の中心から外周まで線を引く。どこに引いても、半径となり、長さは同じだという点です。中学受験では、円と三角形を組み合わせた応用問題が出てきますね。

 

f:id:kurochan_papa:20211107105718j:plain

 

次にあまりの問題です。

 

f:id:kurochan_papa:20211107110828j:plain

これは計算しなくても、割る数よりあまりが大きいか小さいかで答えが解りますが、中学受験では、公倍数、公約数の応用問題で出てきますね。

 

どうですか?結構、ポイント押さえていると思いませんか?スマイルゼミでは、こういった大事な点をしつこく問題に出してくれるんですよね。

 

スマイルゼミで中学受験も目指せるの?

中学受験、特に難関中学を目指していらっしゃるご家庭の方が僕のブログを読んだら、

 

「中学受験の問題ってそんなに簡単じゃないけど?」

となるかもしれません。

 

中学受験の問題は確かに親も解けないような難しい問題が出るのは間違いないのですが、基礎を押さえておけば合格できるのもまた、中学受験です。

 

基礎問題を取りこぼさないだけで偏差値50はとれるし、基礎学力を固めた上でもう少し難しい応用問題が少し解ければ、偏差値55とかがとれるのですね。

 

難関中学はわかりませんが、少なくとも中堅 私立中学は、特に基礎問題を重要視していて、プレテストでは

 

「前半の問題が解けたら、合格圏内に十分いけますから、頑張って前半問題を解いてください」なんて教えてくれる学校も多いです。この前半問題というのが、基礎問題です。

 

【2022/3/19追記】

その後、スマイルゼミの発展クラスまで申し込んでわかったのですが、スマイルゼミだけでは中学受験は厳しいという結論となりました。

 

スマイルゼミの発展クラスの難易度は?中学受験に対応している?疑問に答えます - 中堅 私立中学でもいいんじゃね?

 

スマイルゼミの発展クラスも、問題は結構難しく良問揃いなのですが、中学受験用とするにはそもそも問題量が少なすぎるので、どちらにせよスマイルゼミだけで、中学受験をするには少し無理があるように思います。

 

スマイルゼミなら基礎学力が固められる

僕は今のところですが、スマイルゼミには大満足しているのですが、今後はどうなるかわかりません。ですが、スマイルゼミの算数もそう簡単でないよということは言えます。

 

勉強好きの子や勉強に探求心がある子は別ですが、僕は小学生なら飛び切り難しい問題が解けなくても、しっかり小学校で習った内容を少し応用して解ける程度、できればいいと思いますよ。

 

その力がつくのがスマイルゼミだと思っています。ただスマイルゼミは、今のところ先取学習ができないので、どこまで中学受験に役立つかは、これから見極めて報告していきたいと思います。