中堅 私立中学でもいいんじゃね?

教育本と子育て本の書評、中学生におすすめ本の紹介と、長女が通う中堅私立中学の魅力も発信。娘たちの幸せ追求ブログ。

「イクメン」がブログを書いている間に、育児をしている人が本当のイクメン

イクメンという言葉が流行った時がありました。2010年。厚生労働省が男性の育児休業取得を促すために「イクメンプロジェクト」を立ち上げました。これがきっかけで、当時流行語大賞にも「イクメン」がノミネートされています。 恥ずかしながら当時、僕もイク…

小学4年生女子。水泳教室に通わなくてもHOW TO本だけで泳げるようになるか検証してみた

長女は水泳教室に通って、クロール、平泳ぎをマスターしてそれなりに泳げるようになりました。次女も同じように水泳教室に通わせようと思ったのですが、本人にその気が全くなく気が付いたら小学4年生になりました。 水は苦手ではないはずだけど水泳は嫌いな…

エビングハウス付箋を買って利用してみた感想レビュー

勉強方法の本を読んでいると、あちらこちらで紹介されているのがエビングハウスの忘却曲線。それで先日、読売こども新聞を読んでいたら、このエビングハウスの忘却曲線を利用した付箋を高校生が発明し販売化したという記事がありました。 そんな折、このエビ…

【教育本 書評】学校の「当たり前」をやめた。を読んだ

1学期が終わり、次女が通知簿をもらって帰ってきました。4年生の1学期、次女は本当に勉強を頑張ったと思います。僕の中では、次女の通知簿はオール「よく出来る」です。 次女の学校の通知簿は3段階評価です。「頑張ろう」「できる」「よく出来る」。「で…

どうしても!子どもに教えておきたい投資の話、身につけさせたい金融リテラシー。

子どもの勉強も大事だけど、もっと親がしなければいけない大事な教育ってたくさんあります。その中のひとつは、金融トラブルに巻き込まれないように教育すること、そう!お金の教育の話です。 これまで何度かお金の教育について書評、記事を書いてきましたが…

【教育本 書評】子どもが自ら考え、動き出す。学ぶ環境のつくり方を読んだ

「勉強しなさい!」「宿題しなさい!」「〇〇しなさい!」と親が言って、子どもが無理にやっていることは、将来、親が離れたら恐らくやらなくなります(泣) 勉強がその最もわかりやすい代表で、子どもが大学に受かった途端、親が離れた途端、勉強をしなくな…

【教育本 書評】「スマホ脳」を読んでわかった!スマホ依存の恐怖。我が家はスマホ脳にどう向き合ったか?

ようやく読みました!2021年ベストセラー「スマホ脳」。この本のキャッチコピーは衝撃的。 スティーブ・ジョブズはわが子になぜipadを触らせなかったのか?最新研究が示す恐るべき真実。 我が子が一日中、スマホを触っている 我が子が一日中、ゲームばかりし…