中堅 私立中学でもいいんじゃね?

子育ての悩みを本で解決!教育本と子育て本の書評、中学生・高校生にお勧めの本を紹介してます。長女が通う私立中学の魅力も発信。娘たちの幸せ追求ブログ

【教育本 書評】AI vs. 教科書が読めない子どもたちを読んで、大学は淘汰されるべきと思った

以前の記事にも書きましたが、僕は現行の指定校推薦は反対派です。なぜなら、その大学進学は子供のために決してならないと思っているからです。

 

kurochan-papa.com


 

先般、AI vs. 教科書が読めない子どもたち(新井紀子著)を読んで、その想いはますます強くなりました。

 

 

過激な表現になりますが、現行の推薦入試はなくなればいいと思いましたし、大学は淘汰されるべきだと思いました。

 

AI vs. 教科書が読めない子どもたちとは

数学者であり、「ロボットは東大に入れるか」という人工知能プロジェクトディレクタである著者が、AIは東大に合格することはできないし、今後においても、人間の仕事を全て奪ってしまうような事はない、それは幻想だとしながら、AIはすでに上位20%にあたるMARCHレベルの大学に合格する力はすでに持っており、AIが得意な分野、特にホワイトカラーが現在担っている仕事については、今後AIに奪われていくだろうと予想しています。

 

では、AIに肩代わりされない仕事に就くためのスキルを今の学生はもっているでしょうか?

 

全国2万5000人の中高生に基礎的読解力テストを行った結果、教科書を読解できる程度のレベルの問題さえ解けない現状を目の当たりにし非常に危機感をもった著者。AIが不得意とする読解力を身につけて、人間しかできないことをできるようにすることが私たちが唯一生き延びていく方法だと説いています。

 

大学生数学基本調査の問題を解けますか?

さて、著者は、東ロボくんのプロジェクトと同時に、大学生数学基本調査というのを、全国の様々な大学の強力を得て、行っています。

 

その時の問題の例が2問書かれているのですが、1つ簡単な方をご紹介します。

 

公園に子どもたちが集まっています。男の子も女の子もいます。よく観察すると、帽子をかぶっていない子どもは、みんな女の子です。そして、スニーカーを履いている男の子は一人もいません。

 

1)男の子はみんな帽子をかぶっている

2)帽子をかぶっている女の子はいない

3)帽子をかぶっていて、しかもスニーカーを履いている子どもは、一人もいない。

 

確実に正しいと言えることには〇を、そうでないものには×をするという問題です。

 

現役大学生のこの問題の正答率は、64.5%だったそうです。国立Sクラスでは85%が正答した一方で、私立BやCクラスでは、正答率がなんと50%をきったそうです。ちなみに皆が憧れる私立Sクラスの大学の正答率は、66.8%

 

(僕はなんとか正解しました。よかった・・・。)

 

この結果を経て、著者は学生の基礎的読解力に疑問を感じ、上記の中高生を対象とした全国基礎的読解力の実施に踏み切ります。

 

簡単に大学へ進学できるようになりすぎた

僕は今の学生が昔と比べて基礎的読解力がないとは思いません。むしろ僕の時代より優秀な生徒が多いとさえ思っています。

 

ですが、今はあまりにも大学へ簡単に進学できるようになりすぎた。この学力で大学生?ここに大きな問題が潜んでいるのだと思います。

 

大学を出ただけではアドバンテージは一切ない

高卒と大卒では生涯賃金に7,000万円の差が出るといわれるのを聞いたことがある人もいらっしゃるかもしれません。

 

 

ですから、なんとか子供を大学卒業させようと考える親御さんは今も多いのかもしれません。ですが、この統計には注釈があります。

 

 

この調査の大卒の定義は、企業規模1000人以上の会社に勤めていることが前提であり、企業規模が中小企業である場合は、この数字は当てはまりません。これは未来の話ではありません、今だってそうなんです。  

 

ただ大卒だという人を今後、大企業が採用するでしょうか?ただの大卒ならAIでいいのでは?

 

簡単には入れる今の推薦入試制度は勘違いをするだけ

勝手をいいますが、大学を出るだけで将来良い未来があると親も子も勘違いしてしまわないように低レベルの大学はなくなってほしい。とさえ思います。また、子供が学ぶつもりもないのに簡単に入学できる試験制度はなくなってほしい。とも思います。

 

 

間違ってこの道を僕や子が選んで、良いことは何もないと思うからです。だったら選択肢からなくなってほしい。

 

 

これまでずっと書いてきたように「ただ大学へ入学するだけ」になんのメリットもありません。そのことはAIが世の中に普及すればするほど鮮明になっていくでしょう。

 

大学を出てもAIには勝てないのか?

大学は学問を究める「勉強の専門学校」そのような大学だけが残り、そのような真の大学で勉強し、実力をつけて社会に出た人間は、AIにも淘汰されないと思います。

 

 

「不透明な時代、勉強ばかりが出来ても社会では通用しない。」なんて言われることもありますが、そんなことはありません。

 

 

明らかに大学に入りやすくなりすぎている。その結果、大学のレベルが下がっている。これが問題であって、レベルの高い大学で学びたいと思う子が集う学校に、大学にはなってもらいたいと切に願います。

 

それで初めて大卒の価値がでる。