子育て本をたくさん読むパパの子育てブログ

思春期の子をもつ現役子育てパパがおすすめする子育て本の紹介と子ども達の幸せ追求ブログ

M-1グランプリ2022 なぜウエストランドが優勝だったのか?

 M-1グランプリ2022!子どもと一緒に鑑賞しました。今年は参加者が過去最多だということで、ハイレベルな戦いを親子で期待して見させていただきました。

 

僕はお笑いが大好きで、結構うるさい。一番たちが悪いお笑いファンですね。もちろん、M-1は初回からずっと鑑賞しているのですが、最近のM-1のレベルは少しずつ落ちてるな~なんて思って見ています。あっ、もうウザい感じですね(笑)

 

そんな僕のDNAが娘なので、娘もいっぱしの事をいいます。

 

そんな親子があ~でもない、こ~でもないと言いながら、今年のM-1を楽しく拝見させてもらいました。

 

優勝はウエストランドでした。

 

 

ウエストランドの優勝には賛否両論ありましたが、なぜ、M-1グランプリ2022 ウエストランドが優勝だったのか?について考察。

 

 

 

今回、決勝ラウンドに進出したのは、ウエストランドの他に、さや香、ロングコートダディ。

 

松本人志さんが、しゃべくり漫才とコントと毒舌漫才の三つ巴とおっしゃったとおり、それぞれが違ったタイプのネタを披露するコンビが残ったと思います。

 

この3組のネタを全て見終わった時、僕は真っ先にウエストランドが優勝だと予想しました。娘の優勝予想は、ロングコートダディでした。

 

優勝決定の瞬間、娘は納得がいかなかったようです。また学校でも、「さや香だよね~」などと声があがったようで、なぜウエストランドが優勝なのかという不満が渦巻いている様子でした。

 

ウエストランドは毒舌漫才でした。悪口で笑いをとるというスタイルが娘には受け入れらなかったようです。

 

僕は好みではなくて冷静にウエストランドが優勝だろうなと思いました。さや香、ロングコートダディも面白かったのですが、FirstRoundほどの勢いはなかった。一方のウエストランドはFirstRoundの勢いをそのままに会場の爆笑をとっていたように思えました。これが勝敗を決めたのかもしれませんが漫才自体は僕は普通だったと思います。

 

それでも僕がすぐにウエストランドが優勝だと思った理由は彼らが「ブルーオーシャン」で戦っていたから。今、毒舌漫才というジャンルで戦っている漫才師をほとんど見ない。誰も戦っていないジャンルで戦ったのがウエストランド。

 

さや香の正統派漫才も、ロングコートダディのコント漫才も、レッドオーシャン。今、このタイプの漫才はたくさんある。よほどのインパクトがないと僕には新鮮に映らなかった。もちろん内容はオリジナルですが、どこか似た漫才を見たことがある。今まで僕が見てきた数々の面白い漫才と比べると、少しクオリティが下がっただけで劣って見えてしまう。

 

一方のウエストランドの漫才は、僕にとっては見たことがない漫才。僕の脳内に競争相手がいない。なので、毒舌漫才という分野においては、僕の中では誰にも劣っていない。

 

過去のコント漫才で比べると、ロングコートダディはやや劣るな。正統派漫才としては、さや香はやや劣るなという印象で、ウエストランドが僕の中で残りました。

 

今回の審査員がどう思われたのか、プロの目はまた違うのだろうと思います。でも、僕が審査員であったなら、上記の理由で今回ウエストランドを選びました。

 

M-1をブルーオーシャンやレッドオーシャンに例えるには少し強引だったかもしれませんが、娘にはこれってブルーオーシャン的勝利だと思うよという話をしました。

 

  • みんなが目指す同じ道で戦う
  • 漫才ってこうでないといけない

 

ではなくて、個性がより認められる時代。これからの社会の縮図のように僕には思えました。だから少し娘にブルーオーシャンの話しをしました。

 

M-1でいえば、古くは笑い飯、オードリー、近年だとおいでやすこ、ぺこぱ。どこにも競争相手がいないオンリーワンはやっぱりインパクトがあります。ネタが多少雑に見えても斬新さが勝る。

 

僕は一昨年のミルクボーイとか、かまいたちとか「漫才が上手い」と思うネタを評価してしまう。今回でいえばさや香が好みでしたが、この分野は僕の脳が過去見てきた漫才と比較してしまい、よほど突き抜けたネタでないと普通に思えてしまう。

 

ウエストランドの漫才は好みではなかったけど、新鮮に映った。その分だけ上回った。だからウエストランドが優勝だろうなと冷静に思った。

 

【12/25追記】

ウエストランドの毒舌漫才は、古くはビートたけしさん、また爆笑問題などがそうだったそうです。僕はあまり見たことがなかったので、新鮮に映ったのですが、昔からあるスタイルではあったようです。

 

今日、たけしのテレビタックルという番組で、ビートたけしさんのM-1評が聞けたのですが、テレビで見ているのと、ライブで見ているのとでは全然感覚が違うのだそうですね。テレビではいけていないなと思っても、会場ではいけていて爆笑をとっていたりする。今回のウエストランドは、テレビではなかなか伝わらない会場を爆笑に巻き込んだ勢いがやっぱりあったんでしょうね。

 

さすがお笑いのレジェンドの考察は僕のそれとは少し違いました。今回の僕のM-1評は、漫才にうるさい素人のただの戯言で申し訳ありませんでした(苦笑)

 

でも、なんだかんだいっても今年もM-1グランプリ楽しませてもらいました。色々書きましたがウエストランド、優勝おめでとう!これからのテレビでの活躍を期待しています。