中堅 私立中学でもいいんじゃね?

子育ての悩みを本で解決!教育本と子育て本の書評、中学生・高校生にお勧めの本を紹介してます。長女が通う私立中学の魅力も発信。娘たちの幸せ追求ブログ

子どもに見せたい!家族で見たい!テレビ番組。今や「スマホばかり見てないでテレビくらい見なさい」という時代?

「テレビばかり見ていないで、宿題くらいしなさい!」これが僕らの時代の親の常套句でした。

 

しかし娘いわく、今テレビはとってもつまらないんだそうです。小学生の次女はアニメを見ていますが、中学生である長女は、今ほとんどテレビ見ていなんじゃないかな?

 

なので「テレビばかり見ていないで・・・」というセリフを僕は娘に言った事がないのです。そのくらい、今テレビはつまらないのだそうです。で娘は代わりに何を見ているか?そう、スマホです。

 

いつからか時代は、「テレビばかり見ていないで、宿題くらいしなさい!」ではなくて、「スマホばかり見ていないで、宿題くらいしなさい!」となりました。

 

ですが、

 

今日は少し視点をかえて。どうせ勉強もしないのなら(笑)

「スマホばかり見てないで、よいテレビ番組やってるから一緒にテレビ見ようよ!」

と提案するのはどうでしょう?

 

という話を書いてみたいと思います。

 

 

 

10~20代の若者はテレビをほとんど見ないの衝撃

若者のテレビ離れが顕著です。10代から20代の約半数は、ほとんどテレビを見ないというのです。

www.asahi.com

うちの子が変わっているのではなくて、若者がテレビを見ないのは今や当たり前なんですね。時代が変わってきているのです。

 

テレビを見ない理由が、勉強が忙しいとか、本を読んでいるとかならいいのですが、やはりそこにはスマホの存在が。。。以前、スマホ脳の書評を書かせてもらいましたが、若者の多くはスマホ依存になっている。今やスマホの存在が親を悩ませる大問題なのです。

kurochan-papa.com

 

なぜ、テレビ番組は面白くなくなったのか?

さて、なぜテレビは面白くなくなったのでしょうか?一説では、昔はテレビ番組は自由に作れたから面白かった。今は規制が多すぎて番組作りが難しいという話も聞きます。ですが、本当のところは、業界の人でないとわかりません。

 

↓テレビが面白くなくなった理由は、業界の方に聞くのが一番参考になります。

www.itmedia.co.jp

 

ただ確実に言える事は、子どもにとって、テレビよりもYOUTUBEやTickTokといったネットの方が面白いという事実だけ。子どもは単純に面白いと思うほうを見ている。

テレビには良質の番組が多い

スマホであろうが、テレビであろうが、質のよいコンテンツを見ていれば何も問題ないのです。問題は、子どもが質の悪いだろうコンテンツを、しかも一人きりで閲覧していることです。

 

NHKをぶっ壊す!という過激なフレーズでNHK党ができたり、NHKを受信できないインターネットTVが販売されたりとNHK叩きも多いのですが、NHKには良質の番組が多い。

 

我が家でいえば、最近では、NHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」を家族で楽しく拝見しましたし、ニュース番組も家族でよく見ている。NHK受信料分はしっかり番組見せてもらっているかな~。

 

テレビにだって面白い番組はまだまだあるし、良質のコンテンツもたくさんある。せっかくだから、一緒にテレビ番組を楽しむのもいんじゃない?そう思って今回、この記事を書きました。

 

なぜ、スマホでなくてテレビがお勧めなのか?

家族とのコミュニケーションの手段となる

スマホを見るというのは完全に自分ひとりの世界に入ってしまう事を意味します。そこには決して家族の会話は生まれません。その点、テレビは家族みんなで見ることができます。

 

そう、テレビは家族とのコミュニケーションツールとしても優れている。

テレビは潜在意識にアプローチできる

インターネットは今AIが個人に合った情報を流すように出来ています。自分が興味関心のある出来事を深堀できるのはメリットです。

 

ですが、好きな情報だけポチポチとボタンを押すなら、情報はどうしても偏ります。

 

一方でテレビ番組の多くは一方通行ではあるものの、時に潜在意識にアプローチしてくれるのがメリットだと僕は思っています。

 

意識には、顕在意識と潜在意識があります。

 

顕在意識というのは、自分自身の意志で決定するような意識のことをいいますが、一方で潜在意識というのは、自覚がない意識、いわゆる無意識のことをいいます。

 

私たちが顕在意識で行動している割合はたったの3~10%程度と言われ、ほとんどが潜在意識で行動しているだと言われています。

 

女の子育て方。潜在意識に幸せの種をまく方法の著者、中野日出美氏は、子どもにこっそり暗示かけすることを「潜在意識に種をまく」とおっしゃっています。

 

質の良いコンテンツは、親があれこれ言わなくても、自然と子どもの潜在意識によい種をまくことができます。子どもの視野を広げるのなら潜在意識にアプローチしたほうが絶対にいい。

 

 

 

どんなテレビ番組を見ればいいのか?

では、スマホの代わりにどんな番組を見ればいいのでしょうか?自分ひとりが好きなテレビを見ているのなら、スマホを見ているのとあんまり変わらないような気がします。

 

やはり、家族で笑いながら、おしゃべりしながら、見られるテレビ番組がいいですよね!そこで、完全に独断なのですが、家族で見たら楽しいテレビ番組を紹介したいと思います。

独断!家族で見たい、子どもに見せたいテレビ番組を紹介します

1.世界一受けたい授業

www.ntv.co.jp

良質の番組の代表といってもいいですよね。毎回その道のプロが登壇し、学校では習えない、「使える学び」を教えてくれる番組です。もちろん内容によってはまるで興味がないテーマもあると思いますが、そこは臨機応変に。

2.ネプリーグ

www.fujitv.co.jp

次女が大好きなクイズ番組です。林修先生がいることによって、グっと番組内容が締まるというか、質の高いクイズ番組に思えます。それでいて、ネプチューンが番組を盛り上げてくれるから、堅苦しくもない。よくある頭よい芸人が得点を競うような番組ではなくて、小学生から楽しめるのがまた素晴らしい。おすすめのクイズ番組です。

3.世界仰天ニュース

www.ntv.co.jp

タイトルのとおり、世界の仰天するようなニュースを紹介する長寿番組です。仰天ダイエットとか身近なネタもあれば、本当に世界を震撼させた大事件をとりあげる場合もあり、見ごたえがあります。子どもには、昔こんな事件があったんだよ。だから気を付けないと。といった話もできるからおすすめです。

 

4.アニメ番組

鬼滅の刃

kimetsu.com

SPY×FAMILY

spy-family.net

昔はアニメといえば、小学生向けが多かった。なので子どもは見ていても家族で一緒に見る番組は、サザエさん?くらいで少なかったですね。ですが、最近は大人でも楽しめるアニメが増えています。鬼滅の刃や、SPY×FAMILY等は、家族で楽しめる良質のアニメだと思いますし、子どもとの会話が弾むように親もこのあたりのアニメは勉強しておきたいところです。

 

5.素人参加型の特番

素人参加型のテレビのいいところは、参加者に共感しながら見られるところです。自分があたかもその人になった感覚で見られるので、芸能人が参加する番組とはまた違い、応援のし甲斐があり、盛り上がります。

ハモネプ

www.fujitv.co.jp

我が家の娘たちは二人とも音楽をしているので、独断で申し訳ないのですが、ハモネプはお勧めです!アカペラ日本一を決定する特番で全国のアカペラサークルがしのぎを削ります。

さんま・玉緒のお年玉!あなたの夢をかなえたろかSP

www.tbs.co.jp

お正月の特番です。全国で夢を叶えたい人を募集して、実際のその夢を叶えてあげるという番組ですが、中にはすごく感動する夢があり、見ごたえがあります。

高校生クイズ

www.ntv.co.jp

高校生クイズも特番です。全国の現役高校生がしのぎを削って頂点を目指す。家族みんなで、地元の高校を応援するっていうのもいいですね。

 

まとめ。スマホばかり見ているなら、良質のテレビ番組を見よう!

これまでスマホばかり見ているなら、テレビを見ようよという話しを書いてきました。誤解しないでほしいのですが、テレビを手放しで褒めているわけではありませんし、ネットにだって質の良い番組はたくさんあると思います。

 

さらに本音を言えば、テレビを見るくらいなら、宿題をしてほしいし、本を読んで欲しいです!(笑)

 

ただし、テレビも選んで見れば、家族とのコミュニケーションに役立つ。それは間違いない。僕もひとつの娯楽としてまだまだ楽しませてもらいたいなと思っています。