子育て本をたくさん読むパパの子育てブログ

思春期の子をもつ現役子育てパパがおすすめする子育て本の紹介と子ども達の幸せ追求ブログ

中学数学を子どもに教えるなら、この一冊。「文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!」

中学数学を子どもに教えるならこの一冊。超簡単にわかりやすく数学を教えてくれる本を書評、紹介しています。

才能は遺伝するが探せる事がわかった【書評】「AI時代の子育て戦略」

AI時代の子育てについて元マイクロソフト代表の成毛氏が書かれた本を書評しています。成毛氏は、子どもの才能は遺伝するという考え方には僕も同意です。

鈴木福くんのAO入試での大学進学を羨ましがっても意味がない

久しぶりに書評ではない記事を書いてみたいと思います。鈴木福くんの話題です。 www.news-postseven.com 福くん、もう大学生なんですね~。僕も歳をとるはずです(苦笑) 噂では慶応?とか言われていますが、真意はわかっていません。ですが、ネットでは、鈴木…

AIに負けない子どもを育てる為に、ぜひ読んでおきたいお勧め本と僕が子育てで心がけている事

子ども達が働く未来は、AIと競争、あるいは共存して生きていく時代だと言われます。 AIにとって代わられる世の中なんて本当に来るの? 僕ら世代はそう思うかもしれません。ですがAIは確実に僕たちの生活の中に浸透してきているし、近い将来AIが人間の仕事を…

子育てに役立つコーチングスキル。子どもに「温かい」コーチング術が学びたいならこの一冊

子育てコーチングの本では、子どもの「やりたい」を引き出すコーチングという本がおすすめです。著者はどこにでもいる普通のお母さんで、子育てに奮闘されている全てのお母さんが共感できる本だと思います。

中学2年 英検3級合格体験記。いよいよスピーキングが登場!対策にはオンライン英会話

中学2年生の長女の英検3級合格記です。英検3級からいよいよスピーキングが登場。おすすめのオンライン英会話も紹介しています。

やっぱり総合型選抜がいい!と思ったその理由3つ【書評】「AO・推薦入試の黄本」

大学入試改革で大学入試は変わる。これからは総合型選抜入試が主流になると僕が確信したのは、「AO・推薦入試の黄本」を読んだからです。

子どもの非認知能力を伸ばしたい人は、この7冊を読むといいですよ。

一言で非認知能力といってもその能力は多岐にわたります。ここでは能力別に非認知能力のおすすめ本を紹介し、僕が心がけている非認知能力の伸ばし方についても書いています。

今の子はレジリエンスが低い?褒めて育てるに疑問を呈した本「伸びる子どもは〇〇がすごい」

今の子はレジリエンスが低い。子どもを「褒めて伸ばす」そういう教育本はたくさんありますが、子どもを厳しく育てる事を推奨した本はほとんど見られない。褒めて育てるが子どものレジリエンスを低くさせている?褒めて育てるに疑問を呈した「伸びる子は〇〇…

【中学生】スマホ制限はするべきか?ルールは?いよいよ解決。我が家の最終回答

中学生のスマホルール、スマホ制限に悩んでいる方におすすめの本の紹介と、僕のスマホルールについての考え方を紹介いたします。

ドラッカーが教えてくれるプロになるために必要な5つの能力【書評】「13歳から分かる!プロフェッショナルの条件」を読んだ。

ドラッカーが残した名著の中で、今回紹介するのが、「プロフェッショナルの条件」という本です。本書はビジネス書でありますが、どんな分野であっても子どもをプロとして育てたい。子どもに人生豊かに生きてほしい。と考えている親御さんにもお勧めです。

大学入試改革で今後は総合型選抜入試が主流になると確信した【書評】「いま知らないと後悔する 2024年の大学入試改革」

大学入試改革で、今後は総合型選抜入試が主流になると僕が確信した、「いま知らないと後悔する2024年の大学入試改革」の書評です。

中学受験のリアルがわかる漫画【書評】 「中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ」

中学受験はよい経験だったし、長女がイキイキと中学に通ってくれているのを見て良かったな~と思うけど、できればもう経験したくない。そのくらい精神的にも肉体的にも過酷だったのが中学受験でした。 僕自身が中学受験の経験者ではなかったので、娘に経験を…

大学入試改革で私たち親が知っておくべき事がわかる【書評】「教育激変」

大学入試改革がはじまりましたが、今試行錯誤の状態なんだそうです。これから大学受験をするかもしれない子を持つ親として、これから大学受験がどう変わっていくのかを知っておきたい。そう思って手に取った本が「教育激変」です。

【書評】失敗図鑑を読んで、偉人の失敗から学ぶ。

世界の偉人は皆、失敗をたくさんしていますし、失敗しても何度もトライしている。そのことを学べる素晴らしい本があります。「失敗図鑑」です。