中堅 私立中学でもいいんじゃね?

子育ての悩みを本で解決!教育本と子育て本の書評、中学生・高校生にお勧めの本を紹介してます。長女が通う私立中学の魅力も発信。娘たちの幸せ追求ブログ

ドラマ「二月の勝者」第7話の見所と感想。橘先生の出世が唯一良かったな~って感じ

二月の勝者、第7話が終わりました!個人的感想ですが、今回は正直、見所があまりありませんでした。

 

www.ntv.co.jp

 

ドラマでは、今回は夏休みも終わり、9月の設定。

 

 

模試の結果、点数はみんなあがっているのに、偏差値があがらない。この時期はみんな勉強を頑張るので、点数はあがっても偏差値はなかなかあがらない。今から偏差値をあげるのは至難の業。などと、黒木先生から話があります。

 

 

そうなんです。前回のブログに書きましたが偏差値というのは相対評価。そう簡単に偏差値はあがらないものだと僕は思っています。

 

kurochan-papa.com


 

ドラマのことなので、おそらくみんな志望校に合格されると思うのですが、リアルな世界は、時期が9月なら、かなり頑張らないと偏差値を急激にあげることは難しいと個人的には思っています。

 

二月の勝者 第7話の見所

冒頭にも書きましたが、今回の第7話は個人的にはあまり見所がありませんでした。中学受験を経験してきた僕にとって、中学受験あるあるというのがあまりなく、リアルにかける内容で、共感できるシーンがあまりなかったからかもしれません。

 

 

でも見所というほどのものでもありませんが、保護者面談のシーンが僕には面白かったです。個性豊かな保護者たちが登場されますが、

 

 

「そんな保護者い~ひんやろ~」

というような保護者ばかり。中には一人くらいいるかもしれませんよ。でも、こんなに揃いもそろって、変な保護者ばかりいるような塾も珍しいのではないかというくらい(笑)

 

 

突っ込みどころが満載で楽しかったです^^まぁドラマですから、多少演出を入れないと面白くないだろうし。

 

橘先生の出世が一番良かった!

 

塾の先生で、橘先生!無茶苦茶優しい先生ですよね。この橘先生が、塾の問題児、石田君が教室で騒いでいるのを見て大声で怒った女の子・大内さんを勘違いして注意してしまいます。

 

 

それを聞いた親御さんから、「そんな理不尽な塾は辞めます!」と連絡が入り、橘先生は黒木先生から「どう責任をとるのか?」と言われ、処遇についても厳しいものになると忠告されます。

 

 

橘先生の人柄はずっとドラマを観てきた人にはわかると思います。その橘先生が誤解から、厳しい立場に追い込まれるのは、観ていてとても痛々しかった。。。

 

 

ですが最後の最後は、橘先生の人柄を黒木先生もしっかりと認めていたのか、新しく新設された個人指導塾の校長に橘先生が任命されます。

 

「よかった~」ですよね。

 

真面目に授業を受けられない子は退塾になる

さてリアルな話。真面目に授業を受けられない子は、退塾になります。これは本当です。娘が通っていた塾もその点は厳しかったですし、実際に途中で退塾する子もいました。

 

 

義務教育の学校ではないので、これは当たり前ですね。でもまぁ、こんな子はよっぽどですね。

 

 

ただ、子どもには、未熟で中学受験に向いていない子が実際いると思います。今回の石田君はまさにそんなタイプの子です。これは石田君が悪いのではなくて、成長が遅く、中学生で急に成長する子もいるようなので、無理に受験をしないという選択肢も考えないといけない。って話も聞きますね。