中堅 私立中学でもいいんじゃね?

中学受験と長女が通う中堅私立中学の魅力を発信。勉強だけではない娘たちの幸せ追求ブログ

MENU

学力の経済学。個人の成功体験は我が子にも通用するのか?その答えが解る本

学力の経済力(中室牧子著)という本を読みました。

 

子育ての成功体験(特に難関大学へ子供を合格させた)は、果たして我が子にも通用するのか?

 

子育てをしている親御さんなら一度は疑問に思った事はありませんか?

 

著書では、

 

どこかの誰かが子育てに成功したからといって、同じことをしたら自分の子どもも同じように成功するという保証は、どこにもありません。

 

として、教育経済学者の著者が科学的根拠(エビデンス)に基づいた教育を。と提案されています。たくさんのエビデンスが紹介されているのもわかりやすい。

 

個人の成功体験は我が子にも通用するのか?

 

例えば、難関大学へ子供全員を合格させた成功事例については

 

東大生の親の平均年収は1000万円(世帯年収950万円以上が57%)という有名なデータをもちいて、

 

子供を全員東大に入れたといった事例は、「例外中の例外」だと言い切っているところはものすごく納得します。

 

 

つまり難関大学へ子供を合格させたという教育ママの事例は、データを分析してみればわかるように、一般市民(年収1000万円に届かない)には例外だということが分かるというわけです。

 

教育に科学的根拠とは?

 

日本では、私もですが、教育にも科学的根拠が必要という考え方は浸透していないと思いますが、アメリカではすでに様々な実験、検証からデータを採り、科学的根拠で、教育を語っている。

 

 

教育の成功事例を示す上で大事なことは、因果関係をデータから導くことです。

例えば、

 

読書をしたら(原因)成績があがる(結果)

これをデータから、因果関係を証明できれば、ひとつの教育の成功事例といえます。

 

日本では、なんとなく

 

「本を読んだら、国語ができる」とか

「本を読んだら、人生成功する」とか

 

教育評論家や、子育ての専門家の多くが、何の根拠もなく語っていることが多いことに気が付きます。教育経済学では、実際にデータを採り、読書と成績に因果関係があるかを調べます。

 

 

決して、いち個人の成功体験や逸話の話だけで教育を語らないのが、教育経済学がとても新鮮なところです。

 

(ちなみに僕は本は人生を豊かにすると個人的には信じていますが)

 

気になった友達が与える影響についての研究

著書の中で僕が注目したのが、「友達が与える」影響についての研究です。

 

 

なんとなく、「よき指導者」や「よき友人」に恵まれるといいなと思って、中学受験を経て、長女を私学へ行かせた経緯がありますが、期待はあったものの根拠があったわけではありません。

 

 

ではデータからみると果たしてどうなのか?著書にそのひとつの答えが書かれていました。

 

 

この分野の研究の代表的なものに、スタンフォード大学のホックスビィ教授の研究があげられています。また、同様の研究が中国や欧州でも研究されているとして

 

 

学力の高い友達の中にいると、自分の学力にもプラスの影響があることがデータとして証明されているとしています。

 

 

一方で、問題児から受ける影響についても研究があり、問題児の存在が、学級全体の学力に負の因果関係を与えることも分かっていると。

 

 

僕は教育の専門家ではありませんので、ただの一般人が感想を述べているだけにはなりますが、中学受験を経て、娘が学力が高いクラスで切磋琢磨できることは、娘にとって少なからずプラスになっていると、この著書を読んで納得しました。

 

親が出来る事は、良い環境を与えてやること

これも私個人の体験談にすぎませんが、子供は中学にもなれば親の思うようには動いてくれません。自分が過去そうだったように、学校の先生であったり、先輩であったり、友達であったりから影響を受けながら、大人になっていく。娘もそうだと思います。

 

 

改めて、親が出来る事は、子供によい環境を用意してあげることだなとつくづく思います。

 

 

以前の記事でも書きました↓

 

kurochan-papa.com

 

この著書を読んで、なおさら、その思いは強くなりましたね。

 

 

さて、著書にはその他にも、

 

 

ゲームは子供に悪影響を与えているのか?

教育にはいつ投資するのが一番効果があるのか?

 

 

など、親御さんなら誰もが抱えている疑問や問題について、エビデンスが紹介されていて、見所がたくさんあります。

 

 

特に、僕のように根拠もなく、なんとなく子供の成功についてイメージを持っている人にはぜひ読んでいただきたい本だと思います^^