中堅 私立中学でもいいんじゃね?

子育ての悩みを本で解決!教育本と子育て本の書評、中学生・高校生にお勧めの本を紹介してます。長女が通う私立中学の魅力も発信。娘たちの幸せ追求ブログ

子育て本・教育本 書評

【教育本 書評】打ち返す力を読んだ

最近、いわゆる成功者の本を読むようになりました。普段の生活の中では絶対に出会うことができない著名人と、本を通じて会話ができると思うとわくわくするのです。 僕は成功するための共通した条件は、ハングリー精神だと思っています。成功者は圧倒的にハン…

【書評】「女の子の育て方」子どもの潜在意識に幸せの種をまく方法

女の子の幸せって結婚なのか? 女の子が勉強できても意味はないのか?女の子の育て方に迷っているときに出会った本が、「女の子の育て方 子どもの潜在意識に幸せの種をまく方法」です。

【教育本 書評】公立・私立中堅校から東大に入る本を読んだ

勉強のできる子は、勉強のやり方、コツを絶対に知っています。中高一貫校に入学したけど、同級生に学力差がでていてお悩みの時に読んでほしい本をご紹介します。

【子育て本 書評】中高生の身長を伸ばす7つの習慣を読んだ

身長の伸びはいつか止まりますが、この事を意識している中高生は少ないかもしれません。今回は、後悔しないための身長を伸ばす習慣について書かれた本をご紹介します。

【教育本 書評】人生に必要な教養は中学校教科書ですべて身につくを読んだ

中学校の教科書は簡単すぎると思っていませんか?僕が子どもの勉強をずっとみてきて、色んな教材を試しましたが、1つだけ確信している事があります。それが教科書は素晴らしいよということです。今回は、人生に必要な教養は中学校教科書ですべて身につくと…

【子育て本 書評】習い事狂騒曲を読んだ

子どもに習い事をたくさんさせているご家庭も多いといいますが、たくさん習い事をさせてあげることが子供の為になるのでしょうか?子どもの習い事で得られるもの、失うものという本をご紹介します。

【教育本 書評】受験必要論を読んだ

中学受験も含めて、受験って果たして必要でしょうか?勉強ばかり頑張って、将来役に立つことなどあるのでしょうか?そんな疑問にあの林先生が答えてくれている本がありますので、今回ご紹介いたします。

【教育本 書評】小学生の親が高校受験のために今からすべきことを読んだ

次女は今年4月に4年生になります。お姉ちゃんの厳しい受験勉強をみてきたせいか、次女は中学受験はしないと今のところ言っています。親としては子どもの意志は尊重してあげないといけないと思っています。 それでも、高校受験は必ず通らないといけない道で…

【教育本 書評】どんな大学に入ってもやる気がでる本を読んだ

先般のブログで、思考力が足りないとか云々よりも、学生が、大学に入学した途端、学びを止めてしまう事が問題だと書きました。 もうひとつ踏み込んでいえば、僕は大半の学生が大学で何を学ぶのかイマイチわからずに大学へ進学しているのではないかと思ってい…

【教育本 書評】受験と進学の新常識 中学受験か高校受験か悩んだら読む本

関西の今年の中学受験は大詰めを迎えていますが、関東の中学受験は、いよいよ本番間近なんですね。 うちは長女が昨年受験をしましたが、次女は今のところ中学受験の予定はありません。ですが、いつ中学受験をしたいと言っても大丈夫なように準備だけはしてお…

【教育本 書評】NEW ELITE(ニューエリート)を読んだ

Googleってどんな人が働いているのだろう?そう思った事はありませんか?Googleは日本でも就職、転職したい企業の常に上位でありますが、もちろんそう簡単には入れる会社ではありません。 Googleの難題な採用試験の問題を聞いたことがある人も多いと思います…

【書評】「0才から100才まで学び続けなければならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」を読んだ

人生100年時代。と言われます。人の寿命はテクノロジーの進歩もあって、今生まれた子の半分は100歳まで生きるといわれる時代です。 僕の親父の時代は定年はおおむね60歳でした。僕は60歳では引退できそうにもありません。子どもたちは、もっと働かないといけ…

【書評】「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」を読んだ。これっ、血液型診断より当たってる?!

これほど血液型で性格を語る人種はいないといわれるほど、日本人は血液型診断、血液型占いが大好きですよね。 ↓ 血液型が好きなのは日本人だけ?Yahoo知恵袋の投稿です detail.chiebukuro.yahoo.co.jp うちの娘もたまに血液型で性格を語るときがあるので、今…

【教育本 書評】「10年後の仕事図鑑」を読んだ

今から10年後の仕事の形、AIやロボットが人の仕事を奪うとも聞くけれど、具体的にどのような未来が待っているのかは、正直わかりません。 ですが確実に10年後の仕事の形は変化していることでしょう。今から10年後、僕らの世代も影響を受けるかもしれませんが…

【子育て 書評】レジリエンスの鍛え方を読んだ

今回ご紹介する本は、レジリエンスの鍛え方という本です。 レジリエンスとは、もともと環境学で生態系の環境変化に対する復元力を表す言葉でしたが、現在、心理学で人の精神的な回復力を示す言葉としても使われています。 本書はこのレジリエンスの鍛え方に…

【教育本 書評】続ける技術を読んだ

「続ける技術」という本があります。続けるのは根性とか、気合だとかそういうのではなくて、ちゃんと技術があるんだよという本です。 僕自身の人生、恥ずかしながら、色んな事が続きませんでした。ずっと続けていたら、また違う人生があったのではないか。。…

【教育本 書評】10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?を読みました。 著者である藤原和博さんは、リクルートを経て、都内では義務教育初となる民間校長を務められ、橋下大阪府知事のもと、特別顧問も務められた経歴もある、教育家。 僕は以前、オリンピック選手のような1万分の1の…

【教育本 書評】40代からのライフシフトを読んだ

40代からのライフシフトという本を読みました。この本は、もちろんですが、子どものためというよりも自分自身のために読んだ本です。 ですが、この本を読み進めていくと、僕の世代というよりも、むしろ、我が子の世代こそ、ライフシフトし、マルチステージ…

【書評】「最高のコーチは教えない」を読んだ。一流を育てるコーチングはやっぱりすごい!

プロ野球 千葉ロッテマリーンズに吉井理人コーチ(2022年現在)がおられます。正確に言うと、ピッチングコーディネーターというらしいです。野球好きの方ならご存じかもしれませんが、色々な球団からコーチを頼まれる引く手あまたの名コーチとして知られてい…

【教育本 書評】AI vs. 教科書が読めない子どもたちを読んで、大学は淘汰されるべきと思った

以前の記事にも書きましたが、僕は現行の指定校推薦は反対派です。なぜなら、その大学進学は子供のために決してならないと思っているからです。 kurochan-papa.com 先般、AI vs. 教科書が読めない子どもたち(新井紀子著)を読んで、その想いはますます強く…

【書評】「子どもの身長を伸ばすためにできること」を読んだ。身長はやはり遺伝するのか?

低身長専門のクリニックを開院されている著者が、正しい科学的知識に基づいた子どもの身長を伸ばす方法を書いた「子どもの身長を伸ばすためにできること」を読みました。

【書評】「学力」の経済学を読んだ。東大には親の年収が1,000万円なくても入れるか?

子供全員を東大に入れたといった成功談は「例外中の例外」という著者。教育にも科学的根拠が必要とする「学力の経済学」の書評です。

【子育て本 書評】「算数が得意な子」にするために親ができることを読んだ

少し古い本になりますが、 「算数が得意な子」にするために親ができること(和田聖子著) を読みました。 我が家には、勉強がめちゃくちゃ好き!という子供はいません!これはきっと僕のDNAを引き継いだものでしょう(笑) ですが、世の中には、 「勉強が無…

読書方法を学びたい人にお勧めしたい本【2021年】

最近は読書はまっている @kurochan_papaです。読書から得られる学びは本当に多いと今更ながら思います。 読書を楽しむようになってから、より学びが深くなる読書法を知りたくて、読書法に関する本を読んでいます。 ふ~んで終わった本もあるのですが、これは…

【教育本 書評】読書革命を読んだ

最近、読書にはまっています。 僕が今読む本は子供に関係する本やビジネスの本が多いですが、頭の中の大部分は子供のことなので、子育てに関する本がやはり面白いです。 先日は、読書革命(金川顕教著)という本を読みました。どうしたら読んだ本の内容が記…