中堅 私立中学でもいいんじゃね?

中学受験と長女が通う中堅私立中学の魅力を発信。勉強だけではない娘たちの幸せ追求ブログ

MENU

【書評】10歳から考える好きを強みにする生き方は、子育てしている全ての親にお勧めの本です

10歳から考える好きを強みにする生き方を読みました。僕らの時代は難しかった「好きを強みにする生き方」。もちろん、今の時代も好きを仕事にすることは難しいのだけれど、僕らの時代に比べたら、ずっとできる確率が高くなりました。 そう考えた時、僕は子供…

スマホとゲームの時間制限、使用ルールを考える。我が家はやる事やれば自由にしています。その理由

我が家は長女は中学生、次女は小学生。二人ともスマホが大好きです。最初にスマホにはまったのは次女のほうで、ゲームにはまりました。長女は、中学受験の間はスマホに縁がありませんでしたが、中学生になり、みんながスマホを持つようになったので、同じよ…

【書評】「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」で子どもの機嫌をコントロールする方法

幼いときは素直でかわいい子どもだったのが、突然大人になる瞬間がおとずれるというのは前回ブログで書きました。 kurochan-papa.com 子どもが大きくなればなるほど子どもの扱い方はとてもデリケートなものになります。兄弟姉妹がいる場合はなおさら。ですが…

【書評】「10年後の仕事図鑑」で夢中になることが将来に繋がる意味を知る

今から10年後の仕事の形、AIやロボットが人の仕事を奪うとも聞くけれど、具体的にどのような未来が待っているのかは、正直わかりません。 ですが確実に10年後の仕事の形は変化していることでしょう。今から10年後、僕らの世代も影響を受けるかもしれませんが…

【書評】「レジリエンスの鍛え方」で精神的にタフな子どもに育てる

今回ご紹介する本は、レジリエンスの鍛え方という本です。 レジリエンスとは、もともと環境学で生態系の環境変化に対する復元力を表す言葉でしたが、現在、心理学で人の精神的な回復力を示す言葉としても使われています。 本書はこのレジリエンスの鍛え方に…

僕の教育は小学生まで。信じられないくらい突然大人になるのが子ども

子育てに正解はなく、とても難しい。子供が小さい時は、子どもの無限の可能性に心躍りますが、子供が大きくなればなるほど、現実を直視することになり、子供の何を伸ばしてやればいいのか、子どもをどう導けばよいか、本当にわからなくなる。 考えても考えて…

はてなブログ始めて3か月のアクセス数を発表します。本年お世話になりました!

はてなブログを始めて、3ヶ月が過ぎました。今回も私のはてなブログのアクセス数を発表したいと思います。 はてなブログ3ヶ月のアクセス数 12月のブログ・アクセス数の発表です。 3か月目のアクセス 今月は、更新数が少なく、アクセス数も前月と比べて落…

これからの中学受験塾はオンラインが主流になっていくと思う理由

いよいよ中学入試、本番が近づいてきましたね。我が家は昨年、長女が受験を終えていますので、次もし受験を経験するなら、次女。3年後になります。 さて長女とは違い、次女の時は、中学受験をするにしても、少なくとも通塾はしないだろうなと思っています。…

【書評】続ける技術で、次女の英語教材を選定してみた

「続ける技術」という本があります。続けるのは根性とか、気合だとかそういうのではなくて、ちゃんと技術があるんだよという本です。 僕自身の人生、恥ずかしながら、色んな事が続きませんでした。ずっと続けていたら、また違う人生があったのではないか。。…

【書評】10年後、君に仕事はあるのか?を読んで、普通に学校に通っているなら勉強!が腑に落ちた

10年後、君に仕事はあるのか?を読みました。 著者である藤原和博さんは、リクルートを経て、都内では義務教育初となる民間校長を務められ、橋下大阪府知事のもと、特別顧問も務められた経歴もある、教育家。 僕は以前、オリンピック選手のような1万分の1の…

スマイルゼミ小学3年生 デメリットを初めて書くよ。国語と社会がいまいち?

我が家の小学3年の次女は、スマイルゼミで勉強をしています。僕が日ごろ、次女の勉強をみているのは、土日とテスト前と限られていますが、毎日自分で、スマイルゼミを立ち上げて、コツコツ勉強しています。 勉強を習慣付けること。小学3年の時は、これが何…

ドラマ「二月の勝者」最終回の見所と感想。やっぱり橘先生が温かい

ドラマ「ニ月の勝者」が最終回をむかえました。中学受験を経験したことが大きかったと思いますが、本当に楽しく観させていただきました。 今回は二月の勝者の最終回の見所を僕独自の視点で申し訳ないですが、書いてみたいと思います。 www.ntv.co.jp 二月の…

【書評】ライフシフト。子どもはマルチステージ型の人生を歩む可能性が高い

40代からのライフシフトという本を読みました。この本は、もちろんですが、子どものためというよりも自分自身のために読んだ本です。 ですが、この本を読み進めていくと、僕の世代というよりも、むしろ、我が子の世代こそ、ライフシフトし、マルチステージ…

私立中学の期末テストは難しい?!俺氏、子供に付き合ってどんどん賢くなる(笑)

私立中学に通う長女の期末試験が無事に終わりました。 というわけで今回は、娘の私立中学の期末テスト事情を書いてみたいと思います。 特に当ブログにいつも遊びにきていただいているこれから中学受験の方に向けて、中学入学後の勉強を少しでもイメージいた…

ドラマ「二月の勝者」第9回の見所と感想。幸せな中学受験とは何かを考える

ドラマ「二月の勝者」第9回を観ました。そして次回が最終回。受験生のみんなが無事に合格して終わるのか、結末が楽しみです。 さて、今回は中学受験に関する重要なヒントがたくさん散りばめられた良い回だったな~と思います。 二月の勝者 第9回目の見所と…

小さな成功体験の積み重ねが出来る。だから英検や漢検などの検定試験はおすすめです

長女は来年の1月、英検4級を受けます。次女は、漢検8級に合格し、今7級の勉強をしているところです。 英検や漢検は、例えば中学受験であれば、一部の中学で優遇されます。取得しておいて損はない。 しかし一方で、検定試験というのは実務で役立つかとい…

学歴フィルター問題で考える。学歴が全てではないけれど、一つの選択肢であるのは間違いない

学歴フィルター問題が世を騒がせているようですね。マイナビが就職活動をしている生徒に送ったメールの題名に「大東亜以下」と書かれていて、学歴でカテゴライズ、差別化、区別化されていたという事らしい。 この学歴フィルターについて持論を述べられている…

ドラマ「二月の勝者」第8話の見所と感想 「絶対合格の教室」の真意

ドラマ「二月の勝者」。もう8回ですか~。早いものです。毎週楽しみに観ていますが、連続ドラマって大体10回くらいで終わりますよね?、もうすぐ終わってしまうのかと思うと残念ですが、残り楽しみに観たいと思います。 www.ntv.co.jp 二月の勝者 第8回の…

NHK連続テレビ小説 カムカムエブリバディ【安子編】が思った以上に面白いので、キャストを調べてみた

NHK連続テレビ小説 カムカムエブリバディを観ています。 僕はラジオ英会話が昔から好きで学生の頃聞いていたのですが、中1の長女に勧めてからは、再び一緒に聴くようになっていました。そんな折、NHK連続テレビ小説で、ラジオ英会話を題材にしたドラマ「カ…

叱ると怒るとの違いと、僕が子どもを叱るのは小学生までの理由

僕はまぁ、子どもを叱ります。世の中では、叱らない子育てなんかもあるようですが、僕はあまり共感ができません。 叱るときは叱る。 僕は家庭では、叱ると怖いと思われています。いくら嫌われても、 「あの時、僕に叱ってもらってよかった」 と子供が思って…

はてなブログをはじめて2ヶ月。アクセス数を発表します!

はてなブログを始めて、2ヶ月が過ぎました。今回もブログ活動を振り返ってみたいと思います。 はてなブログ2ヶ月のアクセス数 ででん!これが僕の今月のブログ・アクセス数です^^今日更新したら、1700アクセスが最終着地かなと思います。 先月が、約1500…

【書評】最高のコーチは教えない。で学んだ、子育ては忍耐ではなく子を導く事。

プロ野球 千葉ロッテマリーンズに吉井理人コーチがおられます。野球好きの方ならご存じかもしれませんが、色々な球団からコーチを頼まれる引く手あまたの名コーチとして知られています。 今年なら、千葉ロッテマリーンズに佐々木投手という160kmを投げ込む…

ドラマ「二月の勝者」第7話の見所と感想。橘先生の出世が唯一良かったな~って感じ

二月の勝者、第7話が終わりました!個人的感想ですが、今回は正直、見所があまりありませんでした。 www.ntv.co.jp ドラマでは、今回は夏休みも終わり、9月の設定。 模試の結果、点数はみんなあがっているのに、偏差値があがらない。この時期はみんな勉強…

【書評】AI vs. 教科書が読めない子どもたちを読んで、大学は淘汰されるべきと思った

以前の記事にも書きましたが、僕は現行の指定校推薦は反対派です。なぜなら、その大学進学は子供のために決してならないと思っているからです。 kurochan-papa.com 先般、AI vs. 教科書が読めない子どもたち(新井紀子著)を読んで、その想いはますます強く…

子供の身長を伸ばす方法ってある?身長はやはり遺伝するのか調べてみた

僕は身長が高い方で、180cmくらいあります。だからだと思うのですが、今まで子供の身長について悩むことは一切、ありませんでした。 僕の子どもだからある程度は身長が伸びるだろう。そう思いこんでいたからです。 しかし、子供の身長が思いのほか伸びてい…

ドラマ「二月の勝者」第6話の見所と感想。偏差値は相対評価。10あげるのは簡単か?

二月の勝者、第6回を観ました。第6回は、学校不登校の女の子が主人公。今回の主人公の女の子に自身の娘を重ねながら、息を飲むようにドラマを観ました。 www.ntv.co.jp 二月の勝者 第6話の見所 学校不登校児の柴田まるみさんが、二葉女子学院中学に通って…

子供にお金教育。映画「カイジ」で教えられる最も大事な複利の話

子供たちの間で、イカゲームというのが流行っているそうですね。僕は観たことがないのですが、どうもストーリーを聞いていると、 古くはライアーゲーム、カイジとよく似ている。 カイジは今ならAmazon Primeで観られるので、久しぶりに観てみることにしまし…

スマイルゼミの無学年学習「コアトレ」待望の先取り学習が可能に!

このブログでずっと公表していますが、僕はスマイルゼミのファンです。うちの小学3年の娘との相性がバッチリで、学校の成績も小学2年時と比べてはるかにあがりましたし、娘も勉強に自信をもてたみたいなので本当に満足しています。 ただ、あえて今までブロ…

【書評】学力の経済学。個人の成功体験は我が子にも通用するのか?その答えが解る本

学力の経済力(中室牧子著)という本を読みました。 子育ての成功体験(特に難関大学へ子供を合格させた)は、果たして我が子にも通用するのか? 子育てをしている親御さんなら一度は疑問に思った事はありませんか? 著書では、 どこかの誰かが子育てに成功…

中学受験で偏差値50は立派。偏差値の計算方法をご存じですか?

中学受験もいよいよラストスパートとなってきましたね。昨年のことが思い出されます。 さて、中学受験においては、偏差値というものが重要になってきます。偏差値という概念を理解するまで時間はかかりますが、偏差値を正しく理解することで、模試の結果に一…